FC2ブログ

記事一覧

Lotus72 : エンジン&ミッション

エンジンとミッションがある程度カタチになりました。

インジェクションパイプ(合ってるのか…?)をディティールアップしたのですが、フューエル・チューブ(合ってるのか)を思うようなカーブで固定することができなかったので、ほとんど隠れてしまいました…じっくりじくじく見ないと解らない…。
そんなことを「せっかく造ったのに」って思っているうちはマダマダなんでしょうね。







イグニッションボックスも外径0.5mmの真鍮パイプを数本埋め込んだり、プラ版の端切れでコネクター風の再現をして、ほっそーいコード類を追加してますがこれまたよく見えません。


エンジンブロックの塗装方法は、いまだに模索状態です。
今回も、納得いくレベルではありませんが、良い方法が思いつきません…。
【ウエザリング】を施しているつもりですが【技術力の低さから来る汚さ】ともとらえられてしまう…まあ、実際に【レベル低い】ですが…。
【きれいなウエザリング】が出来た時、初めて納得いくのだと思います…。
これは、もっともっとF-1プラモを造らないとイケナイのでしょうね…。

そうそう。
エキマニも、鋳造風の粗めのペイントをして【フラットブラック→フラットブラック+カッパーふんわりペイント+綿棒磨き】して焼きを表現してみたつもりですが…ちょっと控えめすぎたかな…?




ミッションも組み立て終了。


ドライブシャフトも、本来は【銀色】なのですが、ちょうど良い太さのアルミパイプがなかったので1.6mm真鍮パイプにしました。(まあ、上村さんの79作例も真鍮パイプなのでヨシとします…って79は真鍮色?)



ブレーキはこんなカンジに。


単品で見ていたら「嘘クセ~」と思ったナット類も、ミッションに取り付けるとなんか【馴染んで】しまいまったような気がします。オオゲサでちょうどよかった…っつーカンジかも…。

最後に、マフラー取り付け部。
キットでは、エッチングを分割されたマフラーのパーツで挟み込むんですが、どうせならマフラーをステンレス・パイプに置き換えてやろうと思い、キットのエッチングの穴を大きくして…




マフラー取り付け用フックを、鉄道模型用割ピン(川原さん御用達)で再現しておきました。





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pinoki

Author:pinoki
2010年9月。
20年ぶりに模型が作りたくなり、出戻りデビュー戦として幼少期に「なんてカック悪い車なんだ。」と思っていた1/20タイレルp34を選択…。その後、1970年代のF-1の世界に魅せられるようになりました。

【おもちゃ】ではなく【作品】と呼べるようなものを造ることが出来る日を目指し、日々勉強中…。製作可能日は1日/週ペース。途中で投げ出すことなく、1台づつ完成させていくことを目標としております…。