FC2ブログ

記事一覧

Lotus72製作開始

2011/04/04

LOTUS 78を造りながらいろいろ勉強しているうちに、ベタですけど【ロニーピーターソン】に興味を持つようになり、「彼がコクピットに座ったマシンを造っていきたいっ。」と思うようになりました。

そんなわけで、次のお題はLOTUSつながりで【72】です。
プラモはタミヤから1/12がリリースされています。一応、このキットを参考資料としてヤフオクで入手。でもこれは1972年仕様ですかね?

今回は【ロニーピーターソン】がドライブした【1973年仕様】です。
キットは、【スタジオ27】からリリースされてるフルディティールモデル。これなら【素組み】でも充分鑑賞に堪えられるものが造れると安易な気持ちで購入しましたが…価格も驚愕ですが、何よりパーツ構成が驚愕です。
完成できるのでしょうか…


F-1プラモモデラーとしては、ド素人に毛が生えた程度のワタクシが完成できるのか…気長にご覧ください。
完成できるのかどうか自分が一番楽しみです。


早速外装から…
1/12のキットやこちらのサイトで見させていただいていると、ボディー全体には【これでもかっ】のリベットが打ってあります。説明書を見ていてもリベットらしき点々が打たれている
しかし、実際のキットには所々に穴が開いている程度。
これは、リベット表現せねば…とせっせとピンバイスで開孔していきました。
その画像がこちら。奥がビフォー、手前がアフター。
この調子で左右とにガッツリ開孔しました。


達成感につつまれ、参考資料の文章を読んでいると…

なななっなんとっ。
1972年はモノコックが外装となっていたが、レギュレーションが変更になり1973年にはモノコックを外装パーツが包み込むような仕様に変更になったとか…1972年と1873年では似て非なるマシンのようです。
確かに参考資料の1973年仕様の画像を見てみると…リベットありません…所々に大きなシルバーのリベット(?)のようなものが並ぶ程度…
ということは、キットが正しかったっ。【スタジオ27】…おそるべし…

そんなわけで、リベット後をハンダで埋めて参考画像を見ながら再度開孔…

やはり素組みが賢いのかも…。



それに対して、リアウィングはリベットだらけ。キットのリベット穴を0.4mmピンバイスで深くしておきました。あ…これは途中画像です。



スポンサーサイト



コメント

No title

どうもです。
ロータス78完成おめでとうございます。かっこいいですね!
タミヤ78は意外と車高が高いので、私も組みあがった後に驚いて、なんとか撮影で誤魔化しています(笑)侮れないキットです。
次作は予想どうりのロータス72ですね。私は高いのでガレキにはあまり手を出しませんで…、pinokiさんのイバラの道、期待しております!

No title

>Kawahara様
憧れの方からコメをいただけるとは…めちゃくちゃウレシイです。
今後もkawaharaさんのような【美しい】く、【作品】と呼ばれるようなモノを造っていきたいと思います。
今後も、いろいろとご教示ください。
よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pinoki

Author:pinoki
2010年9月。
20年ぶりに模型が作りたくなり、出戻りデビュー戦として幼少期に「なんてカック悪い車なんだ。」と思っていた1/20タイレルp34を選択…。その後、1970年代のF-1の世界に魅せられるようになりました。

【おもちゃ】ではなく【作品】と呼べるようなものを造ることが出来る日を目指し、日々勉強中…。製作可能日は1日/週ペース。途中で投げ出すことなく、1台づつ完成させていくことを目標としております…。