FC2ブログ

記事一覧

モノコック その1

エンジンとミッションが一段落したので、モノコックの作製を開始しましょう。
この時代のF-1モデルのリベット表現は色んなご意見があろうかと思いますが、何台も作ってみて、色んな作品を見て、現在自分の中では【作業効率と視覚的効果】とのバランスを考えると【ピンバイスによる開孔が一番無難】と結論づけてます。

このP34は【やれることはやる】をコンセプトに作製してますが【磨き修了後にリベットを埋め込んでいく】…という作業は見送りましたぁ〜。


そんなわけで、Kawaharaさんの作例と(照)実車画像を参考にスジボリを入れたり、凸モールドのリベット部分を0.4mmピンバイスで開孔したりしてます。
師匠のようにリューターを使う勇気がないので、手作業での開孔です…。
1_2019112210091456a.jpg



今回のキットで許せないのが消火器のココと…
2_2019112210091542c.jpg


ステアリング・シャフトが入るココ。
3_201911221009162b7.jpg
形状も不満ですが実車画像と比べていると、キットではこの辺りが浅すぎる気がするんです。
Kawaharaさんも、作例画像を見る限りこの辺りを深くされているようですし…。



で、後先考えずに床板を切り落としました。
4_20191122100918788.jpg
こっからどうやって修復していくか…これから考えよう…(激汗。


ところで…
読んでいただいて面白いと思ったときだけでいいので、下のバナーをたまに押して応援してください \(^O^)

自動車ランキング





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pinoki

Author:pinoki
2010年9月。
20年ぶりに模型が作りたくなり、出戻りデビュー戦として幼少期に「なんてカック悪い車なんだ。」と思っていた1/20タイレルp34を選択…。その後、1970年代のF-1の世界に魅せられるようになりました。

【おもちゃ】ではなく【作品】と呼べるようなものを造ることが出来る日を目指し、日々勉強中…。製作可能日は1日/週ペース。途中で投げ出すことなく、1台づつ完成させていくことを目標としております…。