FC2ブログ

記事一覧

コクピット関連作製

2011/03/10

# シート
シートにはアリキタリですが、シートベルトを通す穴を開けました。
縁には【薄々攻撃】を…。







#コクピットの骨格(?)
この内側には、洋泊板を貼り込むことになっていましたが、隙間があくと透けて見えるのでアルクラッドのクロームカラーで塗装しておきました。あまり見えないので、下地グロスブラック塗装みがきナシでのなんちゃってです。


# ハンドル
キットには表面に四角いパーツが表現されていますが、今回は1978年前半線での仕様を目指していたので、このパーツを切りとばし、ボス固定用ビスを【Top】製のリベットで表現。【再販キット】のmomoのデカールを貼付。



こうやって画像に撮ると全てが歪んでる…


塗装は、握り部分とスポーク部分の色調と艶を変え革と金属の質感を表現…したつもり…(恥)…です…。

# シートベルト
これも川原さんんのマネ。
鉛シートを使用。鉛板のほうが、クセを付けやすいし、自重でしぜんな【たるみ】が表現できるので好きです。ただ、繊維目が表現できないのが…。
こんな方法、どうでしょう…?
「カーボン塗装」する時みたいに、メッシュを当てて少し違う色を噴いて、繊維を表現する…っての。
次回作でやってみよ。
ボディーとの固定部分には、虫ピンを使用。





#メーターパネル&シフトレバー&ブレーキ調整(?)レバー
今回、ここが一番【嘘】の部分。
ガラス面を表現するために、塩ビ板をプラ板2枚の間に挟み込んでます。
プラ板も多少削り込んでるのですが…それでもかなり分厚い…
メーター本体はプラ棒。




さらに、カウル内に納めるために形状も実物とかけ離れてしまいました。
さらに、さらに、メーターリングを0.35mmの真鍮線をピンバイスに巻いて作製したのですが、実車でリングのあるメーターは中央のタコメーターだけなんですけど、【模型映え】するように調子に乗って左右のメーターにも装着しちゃいました~♪。


それと、レバー系。
右がシフト、左がなんかの調整。スタビ調整するレバーなのかな?良く解りません。
金属加工で作り直しました。



今回、やりたくてもテクがないからできなかったこと…それはシフトの「逃げ」の表現…これは位置合わせがシビアで失敗するリスクが高かったのでヤメ。
川原さんは、これも表現されています。スゴイ技術力…
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pinoki

Author:pinoki
2010年9月。
20年ぶりに模型が作りたくなり、出戻りデビュー戦として幼少期に「なんてカック悪い車なんだ。」と思っていた1/20タイレルp34を選択…。その後、1970年代のF-1の世界に魅せられるようになりました。

【おもちゃ】ではなく【作品】と呼べるようなものを造ることが出来る日を目指し、日々勉強中…。製作可能日は1日/週ペース。途中で投げ出すことなく、1台づつ完成させていくことを目標としております…。