FC2ブログ

記事一覧

コクピット

今回は70年代F-1模型の見せ場の一つコクピット。
派手さは無いけど、キライでは無い工程が続きます。

まずはハンドル。
勝手に師匠とあがめている【gdi**】さんからの教えを乞うた手法でハンドルを作ります。

まずはスポーク部分を裏から削って薄くし、ボルト部分を開孔。
グレーによせたブラックで全体を塗装します。





つぎにスポーク部分をマスキングして(このマスキングが雑!!師匠はマスキングも美しいんですよね)…




バックスキンの表現を目指して塗装…




最後に開孔部分に真鍮パイプを埋め込み完成。


0.5mm真鍮パイプの断面が粗い!!!
肉眼(ロウガン)ではエエ感じなんですが…
完成までなくさないように保管しないと。。。




続いて消火器。
コクピット床面に0.1mm洋白板をはりこみ…
キットの「樽」みたいなパーツを赤に塗って、磨いて、それらしいパイプを埋め込んで…
なんちゃってコーションステッカーとメタルックシールを貼って完成。




この消火器の作業は、画一化してきているので迷うこと無くできるようになってきました。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pinoki

Author:pinoki
2010年9月。
20年ぶりに模型が作りたくなり、出戻りデビュー戦として幼少期に「なんてカック悪い車なんだ。」と思っていた1/20タイレルp34を選択…。その後、1970年代のF-1の世界に魅せられるようになりました。

【おもちゃ】ではなく【作品】と呼べるようなものを造ることが出来る日を目指し、日々勉強中…。製作可能日は1日/週ペース。途中で投げ出すことなく、1台づつ完成させていくことを目標としております…。