FC2ブログ

記事一覧

作製開始っ!!

Tyrrell P34



今年の9月に友人とから「タミヤからロータス79がリリースされた。」と聞いてから、無性にプラモを造りたくなりました。しかも70年代前後のF-1。
といっても、カーモデル造りのブランク20年ほどとかなりのもんです。
最初のお題として「大きい方がいいかな?」と思い昔から気になっていたこれを選択。


ティレルP34。
で、まずはネットで勉強を開始。
そうすると、こんなスバラシイP34を作製されてる方を見つけ出しました。

こんなスバラシイものは造れませんが、出戻りとしては非常によいお手本になると思い参考にさせていただくことにしました。
ボクの生活環境上、作業日は1日/週のペースとなりますので進行はかなりゆっくりなモノになってしまいます。

過去の記事を投稿することができないので思い出しながらの作業内容です…

2010/09/02

まず最初に手を付け始めたのは、説明書の手順を無視してセオリー通り(?)カウル類の作製から。

今回のモデルは特に【なんとかグランプリ仕様】というのでは無く【川原さん仕様】を目指すので、フロントカウルは【ダクト】は埋めて、風よけのような出っ張りも除去。






モノコックのパネルにはリベット部分に0.4mmの穴を開孔。他のパーツには手を加えず…。
研ぎ出しのことを考えると、F-1プラモのリベットは凹型が正解なんでしょうか…?




全てのパーツには、クレオス1200番の缶サフェーサーを塗布。軽く1500
番のペーパーで磨いてからボディーカラーのペイントに入りました





ボディーカラーは川原さんのサイトに記載されている調合と全く同じようになるように【インディーブルー3本+フタロシアニンブルー1本+ネービーブルー5分の1+ブラック5分の1】です…。川原さんのブログにも記載されているとおり、まんま【パーツの成形色】になりました。
イメージよりちょっと濃いかな?とも思いましたが、パーツ成形色ということでヨシとしました。

充分乾燥させた後、デカールを貼り込んでいきました。個人的に、F-1プラモ作製で一番すきな作業かも…。
このp34の場合、デカールが少なすぎるんで、モノ足りません…。

(今後も不定期ですがアップし続けます…)





スポンサーサイト



コメント

No title

はじめまして!いきなりすいません
僕のブログでは、コメランが開催されています!

参加条件は、クリックするだけです!詳しくはブログで!
友誰でも!お気に入りブログしてくれたら、僕からもそちらのブログをします!
トップページにある『中1』のにほんぶろぐのやつがあるのでクリックしてね☆

お願いします m(_ _)m

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pinoki

Author:pinoki
2010年9月。
20年ぶりに模型が作りたくなり、出戻りデビュー戦として幼少期に「なんてカック悪い車なんだ。」と思っていた1/20タイレルp34を選択…。その後、1970年代のF-1の世界に魅せられるようになりました。

【おもちゃ】ではなく【作品】と呼べるようなものを造ることが出来る日を目指し、日々勉強中…。製作可能日は1日/週ペース。途中で投げ出すことなく、1台づつ完成させていくことを目標としております…。