FC2ブログ

記事一覧

March761:オイルタンク

オイルタンクを塗りました。今回も【サフェ→グロスブラック→クリアー→コンパウンドを軽く…→アルクラッド・クローム】のペイント。完全なメッキ調とはなってませんが、メッキ具合はオイルタンク下の両面テープの映り込みをご参照に…。もっとぴっかぴかにしたほうが、よかったかな…?まあ、これで行きます。配管予定口のでっぱり具合が、自己満ですがイイカンジ…。あ…ラジエターが残ってますね…。...

続きを読む

March761:フロント・足周り

フロント・足周りがなんとなく形になりました(仮組みですけど…)。今回キットで使用したパーツは、以下の4点。1)アップライト実車とはほど遠い形状でしたが、車幅調整・ブレーキ冷却ダクト装着の必要性、タイヤを装着すると形状把握は不可能…などを考えてキットを採用。内側に穴を開けるなどの多少手を加えました。2)アッパー・アームアッパーアームは【721】の時のように真鍮パイプで作り直そうかとも考えましたが、意外と...

続きを読む

March761:オイルタンク&エアポッド

オイルタンクを作製したことで、エアポッドのサイズ変更も必要となりました。キットのエアポッドはこんなカンジ。確かに実車は、これより前後方向に長いですよね。作り直したのが、こんなカンジ。(前後逆ですが…)実車は確かにエアポッドはキットより前後にかなり長い(画像は別GP仕様)。で、作り直したエアポッドをのっけてこんなカンジ。ホイールベースが伸びたて、エアポッドの形状も実車に近くなったかな?さて…最大の難関の...

続きを読む

March761:オイルタンク

前回のブログ・コメントでで【H165】 さんから貴重なコメをいただきました。要約すると…実車にはモノコックとエンジンの間にオイルタンク存在するが、キットには再現されていない。故に、モノコックからリアタイヤの距離が短くなると同時に、エアポッドも前後寸詰まりに、さらにラジエターも小ぶりとなってしまうため全体の印象が変わってしまう。このコメで思い出しました…オイルタンクの存在を…。製作前のリサーチでは「721...

続きを読む

March761:カウルなど…

今回は、基本的なところを攻めてみました。#薄々攻撃”師匠”kamimuraさんから「金属パーツをを多用した場合、塗装パーツと違和感を感じることがある。その改善策の一つとしてボディーを出来るだけ薄くシャープに仕上げること」とご指導いただいたので、徹底してみました。1)アッパー・カウルBefore afterやり過ぎたかな…?2)フロント・カウルBefore afterもうちょっと、キレイに整えます…。汚い。3)インダクション・...

続きを読む

バキュームフォーマー

とりあえず、下側が完成。細かめのアルミ製パンチングメッシュを貼り込み、周囲にスポンジをはりました。これで、いいのでしょうか…。後は、塩ビ板を挟むプレート作製ですね。...

続きを読む

March761:リア・足回り

今回はリア・足回り関係を中心にちびちび…。#ロック・ナット721と同様、ホントに【ナット】で固定されていたのでしょうか…。キットがこんな形状。前回作と同様にナットのモールドを削り飛ばし、モーターツールに咬ませて磨きまくり、0.7mm洋白線を差し込み、仕上げにサカツウのナットを挿入。ナット脱落防止ピンがあるのかもしれませんが、実車で確認できないのでこのまま。#リア・アップライト車幅調整のため削りっぱなしになっ...

続きを読む

March761:風防

今回の761はイタリアGP仕様にしたいのですが、詳細な当時の資料・画像も少なく、かなり好き勝手作製しているのですが、どうも風防はついていたようです。細切りの透明塩ビ板を巻き付けるだけでもいいのですが、スキルアップを考えて以前からやりたかったバキュームフォームで作製してみようと思い立ちまして…初心者にはもってこいの単純な形状ではないでしょうか?なわけで、早速ホームセンターで材料調達…(総費用;2,600円)し、...

続きを読む

March761:体幹

【タミヤのエンジン&ミッション】と【レジン製ボディー】を結合する際、接着剤だけではメチャクチャ不安…今回は、裏面で真鍮板とネジを使って固定することにしました。ある程度の強度が必要なので、0.6mmの真鍮板を使いましたが切り出すのが大変…。ボディーとも、どでかいネジでがっつり固定。完成時に這いつくばって真横から見られると、ちとダサイけど背に腹は代えられぬ…。でも、もうちょっとネジを埋め込みたいですね~。真鍮...

続きを読む

プロフィール

pinoki

Author:pinoki
2010年9月。
20年ぶりに模型が作りたくなり、出戻りデビュー戦として幼少期に「なんてカック悪い車なんだ。」と思っていた1/20タイレルp34を選択…。その後、1970年代のF-1の世界に魅せられるようになりました。

【おもちゃ】ではなく【作品】と呼べるようなものを造ることが出来る日を目指し、日々勉強中…。製作可能日は1日/週ペース。途中で投げ出すことなく、1台づつ完成させていくことを目標としております…。