FC2ブログ

記事一覧

フロント足周り その10(左ほぼ完成)

左フロント足周りが【ほぼ】完成!(ステアリングシャフトなんかが未完成)。完成形まで仮組をしていたので、微調整だけでいけました。実車画像を参考に、模型映えなんかも考慮しつつの塗装。ボルト類も実車に採用されている物と、できるだけ形状が似ている物を使ってます。こういうとき【戦車】や【戦闘機】を塗る技術があればな…って思いますね…。黒染めをしたり、黒初めを剥がしたり、アイアンを綿棒につけてこすったり、墨入れ...

続きを読む

フロント足周り その9

フロント足周りを本格的に開始しました。んなえらそうなコト言ってますが、ちょびっとしか進まず…(激汗。まずは骨組みとなる上側の穴の開いたプレートの塗装。MFHの組み立て説明書では【黒鉄色】となっています。フジミの説明書も【黒鉄色】。実車も確かに黒っぽい。川原さんの【神作品】では、溶接作業でできる【波紋模様】をデカールで再現されている…そこまではできないので、実車画像を見ながら茶色やクリアーブルーや 履帯色...

続きを読む

酸素ボンベ その2

前回オーバーサイズだった酸素ボンベ。あの後サイズ違いのボンベを数本削り出してみましたが「バランス的には1本目がジャスト!」という考えに至り、バルブ部分を小さめで作り直すことにしました。前回はプラ棒から削り出しでしたが、プラだと差し込み部0.8mmでは強度的に不安すぎ…。なので今回は…【0.8mm洋白棒+真鍮棒から削り出しパーツ+アドラーズネスト六角ボルト】をハンダ付けでガッチリ一体化。ボンベ本体に巻き付けた取...

続きを読む

酸素ボンベ その1

ここ最近カウルの調整や加工作業(高さを短くしたり、穴を塞いだり…)をやってるんですが、この辺りは単純なおもしろくない作業なので特に触れる必要もないか…さて、今回のお題は【酸素ボンベ】です。手持ちの資料画像を見てると、モノコックの左後ろ辺りから白い太めのチューブが出てきているのは確認出来るのですが、実際のボンベやバルブがどのような形状で、どの辺りに付いているのか全く解らず…困り果てて、川原さんにメール...

続きを読む

カウル固定方法 その2

こまったやっぱりネオジウム磁石が当たる部分のサフに傷が付く…というか磁石の形にサフが【テカ】る。メッキ塗装してクリアー吹いた後だと問題ないのかも知れないが、完成後同じようににテカったり塗装に傷が付いたりしては目も当てられん!したがって、前回の【磁石固定法】はなし。結局、やりたくなかったけどラジエター上面に0.5mmの穴を開け、アッパーカウルに0.4mmの洋白棒を差し込んでの古典的な固定方法にしました。がっち...

続きを読む

サイドカウルの固定方法 その1

派手さの無い、オモシロクもない内容…モノコックとサイドカウルをどのように【カチッ】と固定できるようにしたら良いのかを色々思いを巡らせてました。キットはモノコックの凹みに、カウルの凸部分を差し込んで固定するのですが、固定部分を切り飛ばしているので、通常の方法は無理。じゃあ、磁石で…となったものの、どこにどう仕込めばよいかわからず…下の図のように、モノコックの内側に仕込んだ磁石とカウル内側に仕込んだ磁石...

続きを読む

ここまでの成果

モノコックも一段落した感があるので、これまで作製したものを仮組してみます。仮組…というか乗せたり、差し込んだりしているだけですので、所々浮いたり、ずれたりしてますが…遠目からぱっと見の印象ですが、それほどオーバースケールに感じるところは無いような…気がします。しらんけど。ステアリングののスムースレザーと金属の質感の違いをツヤと色調で出したつもりですが…難しい…というか、自分なりにこだわったデジタル・タ...

続きを読む

プロフィール

pinoki

Author:pinoki
2010年9月。
20年ぶりに模型が作りたくなり、出戻りデビュー戦として幼少期に「なんてカック悪い車なんだ。」と思っていた1/20タイレルp34を選択…。その後、1970年代のF-1の世界に魅せられるようになりました。

【おもちゃ】ではなく【作品】と呼べるようなものを造ることが出来る日を目指し、日々勉強中…。製作可能日は1日/週ペース。途中で投げ出すことなく、1台づつ完成させていくことを目標としております…。